幼児教育に有効な折り紙あそび

折り紙は図形や分数にも役にたつ!




折り紙遊びは指先を鍛える、想像力を高めるだけでなく、算数のお勉強にも役立ちます。
半分に折る、四分の一などの簡単な分数の概念を幼児も身に付けることができます。
もちろん、正方形を半分に折ると長方形、さらに折るとまた正方形と図形には当然役に立ちます。

年少の頃はただ折るだけでもせいいっぱいかもしれません。
でも紙を折れば形が変わるということがわかるだけで十分です。

年中になってもなかなか思ったようには折れないと思います。子どもが興味をひくものを親が折ってやることでも十分です。
最近の折り紙の本は子供が興味をひくようなかわいい作品、かっこいい作品もいっぱいあります。
ぜひ自宅に一冊折り紙の本があればいいですね。 

子どもの興味あるものがあれば一緒に折ってみるといいですよ。
我が家ではできるところは娘自身に、難しい箇所は私と共同作業で完成させたりしていました。
(ちなみに息子はそれほど折り紙をしません。)
なかにはかなり難易度が高くてなかなか折れないものもあります。
そういったときは、YOU TUBEを参照してみてください。
きっとわかりやすく教えてくれるでしょう。

「ちょっと難しいから動画で調べるね」

こういって一緒に動画で調べたら、分からないことは様々な手段で調べるということを親の振る舞いから子どもに伝えることもできます。

年長になれば少しずつですが、本を見ながら自分で作品を作るようになります。
イラストもあるというものの、文字情報を形にしていく。
よくよく考えたら、ものすごい知的作業です。
たかが折り紙遊び、されど折り紙遊びです。

折り紙も100均で安く手に入ります。とはいっても子どもが大量に無駄扱いしたときはイラっときます。でも、一日で100枚使っても100円以下。
イラっときたときはこれはいくらと金額を考えると気持ちが少しは収まる・・・かな。
まだまだ修行中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました