幼児のためになる読み聞かせ

楽しくためになる読み聞かせとは?




読み聞かせはいい、とよく言われますが、では何をよめばいいのか??
良い本とはなにか、楽しい読み聞かせとはと考えるとなかなか難しいです。
それを分かりやすく見つける方法を考えましょう。

1、成人式を迎えた絵本
よくいわれますが、出版から20年経った絵本がひとつの基準になります。
それだけ長い間、読まれてきた絵本は間違いなく良い絵本です。
お父さん、お母さんが子どもの頃読んだ絵本なんていうのもいいですね。
子どもは親が子どもの頃に読んだ本というのはとても喜びますよ。

子どもは繰り返しが大好きです。このような繰り返し絵本は子どもは大好きです。
絵は少し幼児に渋いのかな?というくらいですが、子どもは喜びます。
子どもは意外と本物志向なのです。

こちらは故加古里子さんのベストセラーです。加古先生の作品はどれも楽しいものばかりなうえに、作品数もたくさんですから、順番に読んでみてもいいと思います。

2、出版社で選ぶ
岩波書店や福音館など歴史ある絵本の出版社から出ている絵本はそれだけで安心ですね。
上記二作品も福音館ですし。
ただし、それ以外の出版社からの絵本が良くないというわけではありませんから、幅広く探してみてください。

3、図書館へ行く。
本屋さんでもいいのですが、本屋さんで一番に目につくのは「今」売れている本。
なかなか息の長いベストセラーを探すのは難しい場合もあるかもしれません。
図書館で、司書さんからおすすめの絵本を教えてもらうのもいいですね。
絵本は一冊が短く、読む冊数も多くなります。
また、子どもが次から次にと選ぶ本を全て買うわけにはなかなかいきませんね。
そこで図書館を利用すれば気軽にいろんな本を借りて、読めます。

お気に入りの一冊と言わずにお気に行き絵本100冊、ぜひ見つけてください。
親子で読み聞かせ楽しんで下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました