算数の先取り学習 小数編

算数の先取り学習 小数編




こんにちは
皆さんは算数の先取り学習はされているのでしょうか?
先取り、特に抽象概念についてはある程度の年齢に達しないと難しいとの意見もあり、かえって算数嫌いにするなどの意見もあるので慎重に取り組むべきものだと私は考えています。
ただ、子どもが興味をもったとき、完璧な習得ではなく、こどもの「これ知っている!」を増やすなどが目標であれば悪いものではないと思います。
今回は少数について考えてみたいと思います。

小数は抽象概念なのか??

さて、小数について考えてみましょう。
9歳の壁なんて言葉もありますが、4年生あたりから算数も抽象的な学習になり、ぐんと難しくなる。少数も抽象的な学習とされています。
とはいうものの、小数は日常生活にもよく登場します。

ふうくん
ふうくん

1.5倍ってなに?

むうちゃん
むうちゃん

100.5gってどういうこと?

お肉屋さんに駐車場、色んなところに小数は登場します。
抽象的でありながら、非常に日常的なものでもあります。
もちろん掘り下げると分数や割合とも絡んできますが、そこまでは幼児や低学年には厳しいので、まずは小数ってなあに?だけに焦点を絞ります。

小数を幼児、低学年児童に分かってもらうには??

ふうくん
ふうくん

1の次は2なんんだよね?

長男のふうくんからこんな何気ない一言があったときに、私はチャンスだと思いました。

にゃんまま
にゃんまま

1の次は2だけど、実は1と2の間に数字があるの。

1.1、1.2、1.3…1.9、2となっているんだよ。

本当は0と1の間で話したかったけど分かりやすさを重視してまずは1から2について話ました。
でも、当たり前に思っていた1の次が2でないということが衝撃だったようです。

ふうくん
ふうくん

じゃあ1の次は1.1?

もちろん、1.1にたどり着くには1.11、1.12…と壮大な数字の旅が続くことを説明しました。一度で理解できなくても、機会がある度にはなしていると、なんとなく理解はできたようで小数第一位の簡単な足し算程度は理解できるようになりました。
もちろん、完璧には解けるわけではないでしょうが、とっかかりとしては十分です。

まとめ

完璧な先取はなかなか子どもにも負担が大きいですが、「知っている」を増やす程度なら、到達度は求める必要もないので、親もイライラせずにすむのではないのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました