低学年のテストは100点が当たり前か?

低学年のテストは100点が当たり前か?




学校のカラーテスト、簡単で問題数が少ないからクラスでも100点が半分以上。
ここで80点で安心していると、高学年では落ちこぼれる、などインターネットをみると恐ろしいことがたくさんかかれています。
みなさん、焦りませんか。私は焦ります。
そこで小学校のカラーテストについて考えてみました。

低学年のテスト、100点と80点に大きな差があるのか?

まずカラーテストは80点が平均点になるようにつくられているようです。
そう思うと100点が当たり前というのは言い過ぎではないかと
ただし、問題が基礎的であることを考えると、90点以上がクラスの半分以上という可能性も十分あると思います。
とはいうものの、問題数が少なく一問の配点が非常に高いことから、ちょっとミスをすると、いっきに点数が下がることも十分にありえますから、点数だけで学力を測ることは危険な場合もあります。
特に低学年の場合、回答のしかたに慣れておらず、理解しているものの、点数に結びつかない可能性もあります。
我が子の場合、解答欄に穴埋めの問題をよく間違っているのですが、分からずに不正解になったのか、回答の形式に合わずに間違ったのか必ず確認しています。
間違った箇所はなぜ間違ったのかを知ることが学力に結びつくと思います。

正解していても理解しているとは限らない

テスト間違った場合は、しっかり復習できるのである意味ラッキーかもしれません。問題は正解しているのによく分かっていない場合です。

特に低学年の算数で多いのが、出てきている数字を適当に足したり引いたりして正解していることです。
特にテストは単元ごとなので、掛け算の時はかけておけばだいたいの場合は正解します。そこまで酷くはなくとも、問題の意味をおぼろげにしか理解できず、感覚で正解している場合も注意が必要です。そういった子どもはぱっと見て解くので、回答が早い傾向があります。
回答が早い上に正解していると、しっかり習得しているように大人には思えますが、そうでない場合もあるので注意が必要です。
実際、私がそうでした。感覚で解いていても中学まではなんとかなりますが、その先で大変苦労しました。

正解していても難しそうな問題は、子どもになぜこのような回答になるか説明を求めることもひとつの手段です。
正解しているところは、子どもにとってはできている問題です。今さら解説を聞きたがらないかもしれませんが、どんな時も話をしっかり聞くことは学習の基本です。
分かっている問題でも、しっかり解説を聞くように、我が家では言い聞かせています。
そのためにも、親が普段から点数で一喜一憂しない態度を示すことが大切です。
(これは私への戒めでもあります。点数で一喜一憂しても仕方ないことを再確認しています)

まとめ

100点が当たり前というわけではありません。むしろ100点という点数に、親が拘りすぎることのほうが問題です。ただ、低学年の問題は今後の学習の基礎中の基礎。テストで回答した問題は、すべて完璧に復習して習得することは必要だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました