作文、日記(あのね帳)の宿題、苦労していませんか?

作文、日記(あのね帳)の宿題、苦労していませんか?




小学校低学年の宿題で、最も時間がかかるものはあのね帳ではないでしょうか。あのね帳といっても普通の作文です。
私が小学生の頃といえば、文字通り
「先生あのね…」
から始まるというルールの作文でした。
文末も「です」や「ます」ではなく、「たのしかったよ」などと非常にくだけたものでした。
現在は少し変わってきているのでしょう。
名前の「あのね」のみ残っているのも、なんだか不思議ですね。

さてこのあのね帳、子どもにとっても時間のかかるやっかいな宿題なうえに保護者にとってもなかなか手のかかる宿題です。
その親子であのね帳に苦労する理由から、ばっちり楽になる理由まで考えてみましょう。




なぜ親があのね帳に苦労するのか

子どもが、あのね帳になにを書いてよいか分からない。したがってネタ探しのために、どこかへ連れて行ってとせがまれてしまいます。
本当は、お出かけ前には宿題を終わらせてほしい。
でも、宿題のためのおでかけなので、そうもいかないというジレンマまでついてきます。
作文そのもの以前に、なにを書くかで苦労が始まるのです。

大人の感覚だと、家族で晩御飯食べたことなど他愛ないことで良いでのはないかと思いますが、子どもの感覚だと、
「食べました。おいしかったです」で、終わってしまい、ネタにならないようです。

子どもはあのね帳のどこにつまづくのか

子どももまずなにを書いたらいいのかで迷います。作文といえば、イベントについて書くものだというイメージが強いのでしょう。
だからこそ、子どもはお出かけなどのイベントを求めるのでしょう。

テーマが決まったからと言って、問題なしというわけではありません。
正解がないあのね帳。なにをどう書いたら分からない。
最大の難関はここでしょう。

今でこそ、大人はタイプができるので、こうして文章を書くときも修正や入れ替え書き足しも楽々です。
ところが、あのね帳ではそれができません。
書いているうちに思い出したり、あっちも書きたくなったりと、気がつけばぐちゃぐちゃになっています。頭の中で筋道を立てるなど、なかなか小学生のできる芸当ではありません。

だから出来上がったものをみると、ぐちゃぐちゃの支離滅裂な文章になるのでしょう。
かといって、一度下書きさせてから、あのね帳に清書させるというのも時間がかかりすぎるし、負担も大きいので現実的ではありません。

先生のお話だと、多くの親がかなり家であのね帳を指導しているようです。
おそらく、親が全く手助けしないと、とんでもないものができてしまうのでしょう。
でも、どこまで手を出すことが正しいかどうか、なかなか匙加減の難しい問題です。それに手や口を出せばだすほど、親もイライライラ…

まとめ

手や口を出すのは最小限にして、それでいて子どものあのね帳もしっかり書いてほしい。
親にとっても子どもにとっても最適な方法を次回書きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました