切実な子どものおもちゃ片付け問題

切実な子どものおもちゃ片付け問題




子どもはしっかり片付けていますか。
出したおもちゃはきちんと片付けているのでしょうか。我が家は全くダメです。
では、片付けないことは悪いことでしょうか?
片付かない我が家の床をじっと見ながら考えてみます。




なぜ散らかるのか??

なぜ、子どものいる家は散らかるのでしょうか。
子どもがおもちゃを出して遊ぶから、これに尽きると思います。
実際、私たち夫婦ふたりで共働き時代はほとんど散らかりませんでした。
もちろん食器や洗濯ものが溜まるといったことはありましたが、あくまでキッチン、洗濯機前など決まった場所で散らかります。
リビングや寝室に本が落ちている程度のことはありますが、休日にちょっと片付けたらすぐにきれいになる程度です。

その点、おもちゃは違います。
あっちへこっちへ散らばる。またこれは親の問題もあるのですが、収納場所がはっきり決まっていないものもたくさんあるのも散らかる一因でしょう。
特にお人形、我が家はプレゼントやお土産で多たくさんのぬいぐるみがありますが、はっきりとした収納場所がなく、ソファの隅や上で座らされています。
これらは子どもが遊ぶたびに様々な場所へ旅してしまいます。

またブロックで制作した作品はすぐに壊すのが惜しいようで家の中でいつまでも残っています。そのうち蹴られてブロックはどこかへと飛び散っていきます。段ボールやチラシで制作した作品も至るところにあります。こちらも時間とともの劣化します。
捨てるということは子どもが非常に嫌います。こうしてものは増える一方です。

散らかることは本当に悪いことなのか

娘の通う幼稚園の園長先生からの話です。
子どもは今日、使ったおもちゃで明日も遊びたい。自分なりの設定もある。だからこそ全部片づけてしまうのではなく、ある程度は残しておきたい、のだそうです。
もちろん幼稚園で、残すことに限界もありますが、家庭なら残しておけます。
先生もある程度は、おもちゃは多目にみてやってほしいとの話もありました。
(実際、我が家がある程度の範疇かどうかは謎ですけど…)


親としては床いぱいのおもちゃにイラっとくるときもありますが、そんな時は佐藤亮子さんの言葉を思い出します。
「子どもに片付けを強要しすぎると散らからないように遊び、自由な発想がなくなる。それにおもちゃで遊ぶのなんてほんのわずかな期間」
詳細は失念しましたが、大筋は上記の通りです。

確かにおもちゃで遊ぶのなんて、せいぜいあと5年でしょう。
もし、遊びといえばゲーム一色ならこんなに家が散らかることもないでしょう。でも、親としてはゲーム以外の遊びをしてほしい、だったらこのおもちゃだらけの家も私の望んだ状況ではないのか、とも思ったりもします。

まとめ

床が散らかっていると掃除機がかけられないという問題があります。収納場所はしっかりと決めて、簡単に親が収納できたら、片付けも楽になります。
買う予定はないけど、とりあえずいつでもルンバが使える家が目標です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました