学習につまづくと自信をなくして勉強嫌いになる?

学習につまづくと自信をなくして勉強嫌いになる?




そろそろ二学期も終わりです。
二学期は長いため学習範囲も広く、苦戦してしまったお子さんも多いかもしれません。
また、年長さんは12月に入り、入学についても現実的なものとなってきたのではないでしょうか。

入学が近づくとよく聞くことですが、
「スタートでつまづくと、自信をなくして勉強嫌いになるからある程度は先取が必要」
これについて考えてみましょう。




つまづくと勉強嫌いになるのか?

当然ですが、躓いて嬉しいものではありません。ただ、最初こそ先取りで躓きを防いでやれるけど、一生先取りで逃げ切れるわけではありませんし、一度も躓かない人などいないでしょう。おそらく東大生でさえ、勉強で全く躓いたことがないという人はほとんどいないのではないでしょうか。

とすると、躓かないようにするのではなく、躓いたからといって勉強嫌いにならない子どもに育てることのほうが重要ではないでしょうか。
また、大人は忘れがちですが、躓くポイントは勉強だけではありません。
勉強以外にもたくさんあるのです。
そちらについては次回に。

話が逸れましたが、小学一年生の勉強はとてもゆっくりです。特に入学当初はえんぴつの持ち方から始まります。
だからこそ、先取りしているから分かっている、と疎かにするのではなく、しっかりと先生の話を聞き、理解する訓練の時間だと考えたら良いと思います。授業をきちんと聞けることは、どんな先取り学習よりも長い目で見ると効果的です。
また分からない時は先生に質問する、自宅に帰って親に伝えるなど、理解できなかった授業範囲を徹底習得する仕組みを確立することも重要です。
一年生の最初は、授業というものに慣れていないせいか、先生のお話が理解できない子どもも少なからずいます。
そんな時は、自宅で授業内容の復習だけでなく、授業の受け方もしっかり教えてあげてほしいと思います。

長い二学期、子どもに苦手分野があったら

算数は好きだけど図形は苦手、体育は得意だけどマットだけは苦手というように、子どもには苦手分野があるものです。

そういった分野を復習するには冬休みなど長期休みは絶好の機会です。
子どもの苦手範囲を知るためにも、普段から子どもの学習内容を知ることは非常に重要です。
何度も書きますが、できない=ダメではないのです。
できないことで子どもの自信をなくさせないようにすることが、親の役目だと思います。
そのためには、できなない範囲や苦手分野を知ること、きちんと復習して習得できたならば、それで十分だと親子で知ることが大切だと日々思っています。

まとめ

苦手にならないことが目標ではありません。苦手に直面したとき、どう対処するかが大切です。
学習はどんどん難しくなります。学習内容の先取りするよりも、人の話をしっかり聞くなど、学校生活全般についての姿勢を入学前に身に付けたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました