夫婦仲は子どもの学力に影響をする

夫婦仲は子どもの学力に影響をする




以前ネット記事で読みましたが、東大生の両親は仲良し比率が一般よりも高いそうです
やはり両親が不仲だと子どもは勉強どころではありません。
両親が穏やかに仲良くしていると子どもも安心して勉強に打ち込めるのでしょう。

ちなみに我が家では…息子(小二)に言われてしまいました。

ふうくん
ふうくん

結婚って仲の良い人同士でするんでしょ?

にゃんまま
にゃんまま

そうだよ(なんかうれしい質問♪)

ふうくん
ふうくん

お父さんとお母さんはそんなに仲悪いのになんで結婚したの??

にゃんまま
にゃんまま

・・・

ふうくん
ふうくん

分かった!最初はいい人と思ってたけど、後から嫌な人って気づいたとか??

ここまできて、夫が耐えられなくなったようで、「お父さんとお母さん仲悪くないよ」と口をはさんできました。
まあ、ふうくん自身も軽い感じできいてくれていたので、まだよかったですがね。
でも、最後にふうくんがとどめを刺してくれました。

ふうくん
ふうくん

ママってどっちかって言うと、結構嫌な人だよ。すぐ怒るし。

…ショックです。
イライラしない子育て、まだまだ道半ばという感じです。




夫婦仲を良くするためにできること

とはいうものの、配偶者に対してイライラするときはあります。
けんかを絶対してはいけないとすると、ストレスがたまりかえって爆発して大ゲンカになりそうです。言いたいことは言い合うことも、本当の意味で夫婦仲良くには必要なことです。
要はお互い尊敬の気持ち、感謝の気持ちを忘れない。
子どもを不安にさせるようなケンカはしないということが重要だと思います。

子どもを不安にさせない夫婦ケンカ

子どもの前でケンカしない、子どもを不安にさせるようなケンカはしないためにどうするかを考えてみました。

ラインでケンカする

声に出してののしり合うより幾分かマシです。人間、自分の怒鳴り声に興奮して、余計に腹が立ちます。よって声を出さずにケンカをするのは有効かもしれません。
でも、私にはできそうにありません。

一旦外にでる

どうしてもガマンできなくなったら、外に出てケンカをするのもありでしょう。
ただし他人の目が気になるので、あまり私はできそうにありません。

ケンカしても仲直りする

こちらが最も現実的でしょうか。
ちなみに我が家はこのパターンです。ある程度、言いたいことを言えば気持ちもすっきりして反省もできます。改めるべきところは謝って仲直りするというパターンです。
簡単に仲直りできるのは根底に配偶者への尊敬と感謝の気持ちがあるのかな、と思ってみたり。

ケンカというより言いたいことを言う

ケンカというより言いたいことを言える関係でありたいなと思います。ただ、やはり言ってはいけない言葉というのもあると思います。
それを言わない思いやりを持つのも夫婦の愛かな、と。さらに言ってはいけない一言を言ったときに許せるくらいの夫婦の歴史を築いていけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました