中学受験か、高校受験か

中学受験か、高校受験か




我が子は小学2年生です。
まだ中学受験をするかどうか迷っています。中学受験、高校受験それぞれにメリットもありますが、デメリットもあります。
同じく迷っている方も多いと思いますので、参考になればと思います。




中学受験したい理由

大学受験に有利だから

私も夫も公立中学出身です。
そこから公立進学高校に入学しました。
高校に入って驚いたことは途端に授業進度が早くなったことです。
あれだけのんびりしていた中学の授業から、途端に高校になると予習が必須になり習う量も増えてしまう。
中学時代にこの半分の進度ででも授業をしてくれたら、大学受験にゆとりを持って取り組めたのにと思います。

また中学と高校で授業が分断されるより6年をひとつの単位で勉強したほうが効率が良いのではないかと思います。
歴史の授業を中学と高校で二回して、二回とも古代史だけを手厚く、入試に最もよく出る近現代史は超駆け足だとか。

多くの私立中高一貫校では高校2年生までに高校3年分の学習を終わらせます。

より自分に合った環境で6年間を過ごしてほしい

公立中学校には同じ地域に住んでいるというだけで雑多な家庭からの子どもが来ています。
もちろん多様な価値観を学ぶというメリットがあることも重々承知です。
それ以上に思春期の多感か時期だからこそ、自分と本当に価値観の合う友達を見つけてほしいという気持ちがあります。
友達はめぐりあわせです。
どこで真の友に巡り会えるかはわかりません。
それでも、テストを受けて選んで入った学校のほうが、より真の友に巡り会いやすいと私は思うのです。

高校受験を回避できる。

高校受験をすると、内申点が重要になってきます。
内申点は9教科。実技までカバーしなければなりません。
通知表が絶対評価になり、どうしても内申点のつけ方には不透明なところも否定できません。
学校間の内申点の格差など、見えない故に不安になる点もたくさんあります。

また思春期だからこそ、受験ではなく、自分自身と向き合う時間を持ってほしいなとも思います。

中学入試をためらう理由(高校入試のメリット)

小4からの塾通いなど体への負担

中学受験するなら塾通いが必須です。
塾通いは通常小4からスタートします。お弁当持参で塾通いや土日も塾で潰れるなど、ハードな生活が待っています。
当然、夜寝る時間も遅くならないかという心配もあります。

塾通いするなら、寝る時間については親がしっかり管理したいと思います。

受験を自分のこととしてとらえられる

高校受験はほぼクラス全員するでしょう。
また15歳ということで、ある程度自分の進路として受け止められると思います。
自分で主体的に受験に取り組めるということは高校受験の大きなメリットです。
どうしても中学受験は親主導になりがちですが、高校受験であれば子ども主導で取り組めます。

絶対に中学受験してはいけない家庭

夫婦で意見が割れていては受験がうまく行かない以前に子どもが不安定になります。
受験という大きな目標に向かわなくてはいけないのに、お父さんとお母さんで意見が割れていては子どもはどっちに進んでいいか分からなくなります。

受験前に夫婦の意見の擦り合わせは絶対条件です。
中学受験マンガ「二月の勝者」でも桂先生がはっきりと断言していました。

結局、中学受験か高校受験か

まだ結論が出ていません。
息子自身の意見も聞かなくてはなりません。
我が家の話し合いをブログでも随時公開していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました